【実践動画あり】Googleドキュメントの音声入力機能を使ってみた

ライフハック

赤いマークが出ました
こんにちは今日は音声入力で文章を書いてみたというようなお話をしたいです

今までタイピングで文章を書いていましただいたい40分で1800文字というような具合でしたしかし先ほど音声入力で文字を入力したところ10分で1600文字文の内容を書くことができました素晴らしいこのように思いましたあというような感じでしっかりと反応してくれるすごいなと思ってます皆さんもよかったら試していただければと思いますそれでは

Googleドキュメントの音声入力を試してみた

以上が音声入力を試して実際に直接打ち込んだ内容です。
ここで音声入力のメリットを感じたことを3つお伝えしたいと思います。
以下の文章は音声入力した内容に編集を加えたものになります。

こちらのツイートを拝見し実践してみました。
本当にありがたい内容で、知れてよかったです。

実際に喋ってるような文調で書ける

ブログ記事を今まで書いてきが、書いた文章を声に出すと「違うぞ」ということが往々にしてありました。
実際に私が喋ってるような形で表現することができる。
これが音声入力のメリットなのかなとそう感じています。
喋ってる時に違和感があるような表現も言葉で言い直して入力できるので、こちらの方が自然な文章になってるのかなと思います。

スピードが速い

タイピングの方が速い人もいると思います。
ただ私にとっては喋る方が楽に感じます。
先ほど10分で1600文字文の内容を書くことができたという風にお伝えしました。
大体400文字で1分ほどの長さというように言われています。
少し考えながら Google に読み取ってもらいやすいようなスピードで話すと、10分という時間は妥当だったのかなと思います。
この音声入力機能を使えば今まで躊躇ってきたアウトプットを気軽にできるのではと思います。

しゃべる練習になる

私は滑舌が良くないと思っております。
そのため意図的に口をハキハキさせて喋っています。
また気持ち大きめに声を出しています。

喋るスピードも意識しています。
早すぎると「Googleに聞き取ってもらえないのでは」というプレッシャーからゆっくりと喋っています。

この練習は対人での会話に役立つと思っています。
少し早口だというふうに友達から言われる時がありますので、まずこの Google 相手にゆっくりと喋ることで改善していきたいと思います。

まとめ

以上が Google ドキュメントの音声機能を使って 入力してみたというような話になります。
タイピングの方が好きな人もいるでしょう。
そのような人でも一度試してみても損はないかなと思います!
音声だとアウトプットがよりできるようになるというような人もいるでしょう。
ぜひとも試してみてください!!

「もっとこういう便利なものがある」というような気付きがあれば是非ともコメントに書いていただければと思います。
読んでいただいてありがとうございました!
またお会いしましょう 。

コメント

  1. となりのOL夜中にオンライン飲み会 より:

    ありがとうございます!是非やってみますなう

    • tk より:

      となりのOL夜中にオンライン飲み会 さん、ありがとうございます!
      やってみてください!

タイトルとURLをコピーしました